ルイ・ヴィトンの買取について、買取相場やおすすめの業者など全てまとめ

ルイヴィトンの買取について、相場やおすすめ業者など知っておきたいことをまとめました。

ルイ・ヴィトンについて

1854年、旅行鞄の専門店としてパリに誕生した「ルイ・ヴィトン」は現在、世界的なラグジュアリーブランドとして確固とした地位を築いています。その取扱商品は、バッグにとどまらず、ファッション、シューズ、財布、小物、アクセサリーと多岐にわたっています。ルイ・ヴィトンには、誰もが知る「モノグラム」「ダミエ」の他、「エピ」「ヴェルニ」「モノグラム・マルチカラー」「ダミエ・カラー」「モノグラム・マカサー」など多くのラインが存在します。
数あるハイブランドの中でも圧倒的なブランド力を有するルイ・ヴィトンは、中古市場においても常に高い人気を維持し、高価買取が期待できます。

ルイ・ヴィトンの買取業者の比較

ここでは、ルイ・ヴィトンの買取業者をいくつか挙げて比較してみたいと思います。

買取プレミアム

買取プレミアムには、毎月10,000件以上の問い合わせがあり、日本全国から多くの方が利用しています。また、ルイ・ヴィトンをはじめ、多くの商品・ブランドの知識に精通した経験豊富な査定員による査定により適正価格での買取が可能となり、お客様満足度は90%以上となっています。
買取プレミアムでは、持込買取、宅配買取、出張買取、の3つの買取方法で、日本全国いつでもどこでも買取サービスを実施しています。出張買取では、商品査定員が常に各地の街をまわっているため、最短で30分からの訪問が可能となっています。

その他、女性の方も安心して出張買取サービスを利用できるように「女性査定員指名サービス」も行っています。さらに、お客様第一主義に徹する買取プレミアムでは、8日間の完全返品保証を実施する「クーリング・オフ」に対応するなど、サポート体制も整っています。

ブランディア

ブランディアは、宅配買取に特化した買取店です。取扱ブランドは6,000以上と、ヴィトン、エルメスのようなハイブランドからカジュアルブランドまで幅広いブランドを網羅しています。また、査定料、往復の送料、梱包キット、キャンセル料、振込手数料、全ての手数料が無料となっています。また、買取実績も年間200万点以上と豊富ですので、適正価格での査定が実現しています。宅配買取の流れは簡単で、買取を申し込むと宅配キットが送られてきます。品物と申込書、本人確認書類のコピーを同梱し、電話で集荷を申し込み、発送します。品物到着後1~3日以内に査定が完了し、査定結果がマイページで確認できます。査定額に納得すれば、指定の銀行口座に入金され、品物返却希望の場合は、送料無料で返却されます。

スピード買取

スピード出張買取バイセルは、出張買取、宅配買取、持込買取の3つの方法により日本全国からの買取申し込みに対応しています。特に力を入れている出張買取では、査定員が常に全国に点在しているため、申込みから訪問まで、最短で30分のスピード買取が可能です。また、出張買取の際に、女性の方限定で「女性査定員」の指名が可能となっており、安心です。スピード買取バイセルでは、インターネットオークション、国内外への販売等、独自の販売ルートの開拓や、無店舗経営による人件費やテナント費の削減により、高価買取を実現しています。また、見積もり料金、出張訪問費、宅配送料、キャンセル料等、手数料が無料となっています。さらに、クーリング・オフにも対応しており、8日間の完全返品保証を実施しています。

コメ兵

全国34箇所に百貨店やセレクトショップ並の店舗を展開する「コメ兵」では、ルイ・ヴィトンをはじめとするブランド品の高価買取が可能です。コメ兵では「高く買えばモノがあつまり、安く売ればヒトが集まる」という創業の精神を守り、売る人、買う人双方が満足できる商いを目指しています。買取方法には、店舗買取の他、無料の宅配買取があります。
買取のチェックポイントは、コンディション、年式、傷・汚れの有無などで、それらを専任の熟練バイヤーが総合的に判断して買取ランクを決定します。また、コメ兵では、買取った品に最適なメンテナンスを施し、状態を良くして販売する自信があるからこそ、高価買取を実現しています。さらに、オリジナルオークションやECモール、海外の企業など、独自の販売網を築くことにより、高価買取が可能となっています。

なんぼや

「なんぼや」では、ルイ・ヴィトンやシャネル、エルメスをはじめ、ブランド品の高価買取、無料査定を行っています。海外への販売網を持っているため、国内で人気のアイテムのみならず、世界各地での需要を把握し、幅広いブランドアイテムを高価買取することが可能となっています。
「なんぼや」が高価買取できる理由として、国際的に認められたGIAGGの資格保持者が在籍しており、高レベルの鑑定が可能であること、自社メンテナンスにより、販売コストを抑え、その分を買取価格に反映することができること、徹底したリサーチにより相場を把握し、豊富な販売ルートから最も高い売却先を選定することが出来ること、などが挙げられます。また、駅から徒歩圏内の便利な店舗での店舗買取や、時間がとれない方のための宅配買取、商品が多い方には、出張買取と、3つの買取方法があります。

ルイ・ヴィトンの買取業者を選ぶポイント

ルイ・ヴィトンの買取業者を選ぶには、買取方法、ルイ・ヴィトンの買取実績が豊富な業者であるか、買取対応可能地域に入っているか、クーリングオフなど、アフターフォロー体制が整っているか、などのポイントがあります。
それぞれ詳しく説明してみたいと思います。

どのような買取方法があるのか

買取の方法には主に、出張買取、宅配買取、持込買取の三つがあります。
出張買取は、買取希望の品がたくさんある場合などに便利です。自宅まで査定員が訪問し、査定してくれます。業者によってはその場で買取金額を受け取ることが出来るなどのメリットがあります。ただ、自宅に他人を入れたくない、などという方には不向きかもしれません。宅配買取は、基本的には、品物を発送して査定してもらうという方法ですので、梱包などが面倒でない方には便利で良いでしょう。日本全国どこからでも買取が可能というメリットもあります。但し、ある程度の日数がかかる点は仕方がありません。持込買取は、店舗に品物を持ち込み、その場で査定してもらえますから、持込の手間はかかりますが、簡単な買取方法です。しかし、自宅近くに店舗が無い方には不向きと言えるでしょう。
これらの買取方法の中から自分に合った方法はどれかを考え、買取業者を選ぶようにしましょう。

ルイ・ヴィトンの買取実績は豊富であるか

買取実績が豊富な業者であれば、当然査定額も適正になる可能性が高くなります。買取業者の公式サイトを調べてみて、ルイ・ヴィトンの買取実績が豊富であるか、実際の買取事例などが多く掲載されているか、などを確認してみましょう。

買取対応可能地域はどうなっているか

出張買取の場合、ご自宅の住所が買取対応地域に入っているか調べておきましょう。また、店舗買取の場合希望の買取業者の店舗が、自宅近くに無い場合もあります。その点、宅配買取の場合は、基本的に日本全国どこからでも買取可能ですので、オススメできます。

アフターフォローの体制は整っているか

買取サービスに関する疑問点等に対して、問い合わせの対応が整っているか、また、クーリングオフに対応しているかなど、アフターフォロー体制が整っているかという点も、買取業者を選ぶ重要なポイントです。買取業者の公式サイトを確認してみて、安心して買取してもらえるのか、よく調べておきましょう。

ルイ・ヴィトン買取のおすすめ業者

買取プレミアム

買取業者を選ぶポイントから総合的に判断すると、ルイ・ヴィトンの買取には「買取プレミアム」がおすすめできます。
その理由は…
・出張買取、宅配買取、持込買取のすべてに対応していること。
・出張買取の場合、女性査定員を指名できること。
・利用手数料がすべて無料であること。
・クーリングオフ等のアフターフォロー体制が整っていること。
・ルイ・ヴィトンの買取実績も豊富であり、品物に対する知識が豊富で、適正価格での買取が期待できること。
・買取サービス対応エリアが日本全国であり、365日24時間受け付けていること。
等が挙げられます。

買取プレミアムは、査定後のキャンセルももちろん無料ですし、クーリングオフにも対応していますので、安心して利用する事が出来るでしょう。

ネヴァーフルの買取

ルイ・ヴィトンの「ネヴァーフル」は、その名が示すとおり、「Never Full」…決していっぱいにならない、つまり大きくてモノがたくさん入る特徴を持った、人気のトートバッグとなっています。デザインはシンプルなトートバッグですが、サイドのストラップを絞ることにより、コンパクトな形状にすることも出来ます。ネヴァーフルは2007年の誕生以来、ルイ・ヴィトンの定番バッグのひとつとなり、複数のサイズや素材、柄によるバリエーションがあります。ネヴァーフルPM(プチモデル=スモール)は縦22㎝、横28.5㎝、奥行き13㎝、ネヴァーフルMM(モワヤンモデル=メディウム)は縦29㎝、横32㎝、奥行き17㎝、ネヴァーフルGM(グランドモデル=ラージ)は、縦32.5㎝、横39.5㎝、奥行き20㎝となっています。定番のモノグラムやダミエ柄のネヴァーフルは人気が高く、高価買取も期待出来ます。ネヴァーフルの定価は約13万円~15万円となっていますが、状態の良いものは、買取率も高く、買取相場は9万円~12万円程度、ある程度使用感のあるものでは4万円~8万円程度となります。※買取相場につきましては、あくまでも目安となります。

アルマの買取

ルイ・ヴィトンの「アルマ」は丸みを帯びた女性らしいフォルムが特徴の人気の定番バッグです。パリのセーヌ川に架かるアルマ橋のが、その名の由来となっています。
アルマには、サイズ、柄により多くのバリエーションがあります。アルマBBは縦24cm、横17cm、奥行11.5cm、アルマPMは縦32cm、横24cm、奥行き15cm、アルマMMは縦36cm、横28cm、奥行き17cmとなっています。モノグラム、ダミエ、エピ、ヴェルニと柄が違えば、バッグの表情もガラリと変わります。アルマの買取相場、状態、製造年代、柄等により変わってきます。モノグラムアルマPMの場合、使用感の少ない状態の良いもので、8万円~10万円程度、普通ランクの状態のもので25,000~35,000円程度になります。

イエナの買取

ルイ・ヴィトンの「イエナ」は、2016年に発表されたヴィトンの新作です。一見「ネヴァーフル」に似ていますが、ファスナー付きの外ポケットとメインポケット、バッグ内部にも複数ポケットがあり、ネヴァーフルに機能性をプラスしたつくりとなっていて、ビジネス用途にも最適です。サイズ展開は、イエナPMが縦23cm、横35cm、奥行13cm、イエナMMが縦25cm、横41cm、奥行17cmとなっています。柄は定番のモノグラム、ダミエ、アズールのバリエーションがあります。イエナの買取相場は、状態等によりますが、イエナPMの場合状態の良いもので10万円程度、ある程度使用感のあるもので、4万円~8万円程度となっています。

スピーディの買取

ルイ・ヴィトンの「スピーディ」は、ハンドバッグタイプの人気の高いロングセラーモデルとなっています。スピーディには「バンドリエール」というストラップが付属した新しいモデルもあります。サイズ展開は豊富で、スピーディ40は横40cm、縦25cm、奥行19cm、スピーディ35は横35cm、縦23cm、奥行18cm、スピーディ30は横30cm、縦21cm、奥行17cm、スピーディ25は横25cm、縦19cm、奥行15cm、ナノ・スピーディは横16cm、縦11cm、奥行9cmとなっています。柄も定番のモマグラムやダミエをはじめ、草間彌生モデルのパンプキン・ドットのような個性的なモデルなど、多くのバリエーションがあります。スピーディの買取相場ですが、ラインやサイズ、状態によって変わってきます。例えばモノグラムのスピーディ30では、状態の良いもので5万円程度、ある程度使用感のあるもので2万円~3万円程度となっています。

キーポルの買取

ルイ・ヴィトン「キーポル」は、1924年に誕生した、定番の旅行用ボストンバッグです。スーツケースの中に折りたたんで収納できる、ソフトなボストンバッグとして考案されました。キーポルという名は、英語の「Keep All…すべてを収納する」からきています。デザインはスピーディと似ていますが、こちらはボストンバッグですので、サイズがスピーディよりも大きくなっています。また、スピーディと同様、ショルダーストラップが付属しているバンドリエールもあります。キーポルのサイズは、キーポル45が横45cm、縦27cm、奥行20cm、キーポル50が横50cm、縦29cm、奥行22cm、キーポル55が横55cm、縦31cm、奥行24cm、キーポル60が横60cm、縦33cm、奥行26cmとなっています。柄はやはり定番のモノグラムやダミエが人気です。キーポルの買取相場ですが、ラインやサイズ、状態によって変わってきますが、例えばモノグラムのキーポル45では、状態の良いもので5万円~7万円程度、ある程度使用感のあるもので3万円~5万円程度となっています。

ジッピーウォレットの買取

ルイ・ヴィトンの「ジッピーウォレット」は、ファスナー開閉式の、機能的で使い勝手の良い人気の高い定番の財布です。その魅力は豊富な収納力で、複数のカードポケットやコンパートメントを持っています。柄はモノグラム、ダミエの他、エピ、モノグラム・ヴェルニ等、多くのバリエーションがあります。ジッピーウォレットの買取相場は、ラインや状態によって変わってきますが、例えばモノグラムのジッピーウォレットの場合、状態の良いもので3万円~5万円程度となっています。

モノグラムの買取

ルイ・ヴィトンのモノグラムは、数あるラインの中でもルイ・ヴィトンを象徴するラインと言えるでしょう。花や星をモチーフとした紋様と、LVロゴが規則的に並べられた柄は1896年に商標登録された、100年以上の歴史のある意匠です。この紋様は、日本の家紋からヒントを得たものであると言われています。定番中の定番とも言えるモノグラムですが、バッグ、財布等の買取価格も安定しています。定番であるだけに流通量も多いという側面はあり、その分希少性は落ちるかもしれませんが、常に需要が高いため、買取相場が下がるという事はないでしょう。もちろん、状態により買取価格も変動しますので、良い状態を保つためのメンテナンスも必要です。

モノグラム・キャンバスの買取

「モノグラム・キャンバス」はエジプト綿のキャンバス素材にPVC加工された防水性の高い素材を使用したモノグラムラインで、ルイ・ヴィトンを代表するラインです。カラーはダークブラウン地にベージュカラーのモノグラム・パターンが描かれています。モノグラム・キャンバスは、バッグから財布、小物まで、ほぼ全てのアイテムに採用されていて、人気の高いラインとなっています。買取価格も安定しており、新品状態で買取率は、50%~80%となります。例えばモノグラム・アルマPMでは、状態の良いもので8万円~10万円、ある程度使用感のあるものになると、3万円程度になります。また、モノグラム・キャンバスでも廃番となったもので、かつ状態の良いものは、希少性も高く、思いがけず高価格での買取になねことがあります。

モノグラム・エクリプスの買取

「モノグラム・エクリプス」は、2016年、ルイ・ヴィトンのメンズコレクションとして考案されました。グレーとブラックの配色のモノグラムは、男性的でクールな印象です。モノグラム・エクリプスはメンズコレクションになりますので、男性向けの製品ラインナップとなっています。買取相場は、新品同様のもので本体価格の70~75%、ある程度使用感のあるもので、本体価格の30~50%程度となっています。例えば、メッセンジャーバッグタイプのモノグラム・エクリプス ディストリクトの場合、新品同様のもので10万円程度、ある程度使用感のあるAランクのもので7万円程度の買取価格となります。

モノグラム・マカサーの買取

「モノグラム・マカサー」は、モノグラム・キャンバスに似ていますが、持ち手などのレザーの部分がブラックのレザーとなっており、男性的なイメージを与えています。マカサーという名称は、黒檀のマカッサル・エボニーの色味と似ていることからつけられました。このラインもモノグラム・エクリプス同様、メンズラインとなっており、男性向けの製品ラインナップとなっています。買取相場は、新品同様のもので本体価格の70%程度、ある程度使用感のあるもので、本体価格の30~50%程度となっています。例えば、二つ折り財布の、モノグラム・マカサー ポルトフォイユ・ガスパルの場合、新品同様のもので3万円程度、使用感のあるもので、1~2万円程度の買取価格となります。

モノグラム・ヴェルニの買取

「モノグラム・ヴェルニ」は、1998年、デザイナーのマークジェイコブスにより誕生した、光沢のある華やかなエナメル素材が特徴の、女性らしいモノグラムラインで、近年その人気はますます高くなっています。ヴェルニはその素材の特性上、メンテナンスをして、エナメルの美しさを保つことが求められます。状態の良さを保つことにより、高価買取も期待できます。買取相場は、新品同様のもので本体価格の70%程度、ある程度使用感のあるAランクのもので、本体価格の50%程度となっています。例えば、モノグラム・ヴェルニ ジッピー・ウォレットの場合、新品同様のもので8万円程度、ある程度使用感のあるAランクのもので5~6万円程度の買取価格となります。

モノグラム・アンプラントの買取

「モノグラム・アンプラント」は、やわらかなカーフレザーにモノグラムを型押しした、落ち着いた質感が特徴のモノグラムラインで、2010年に登場しました。その品の良い表情から、大人の女性に人気が高いラインとなっています。アンプラントとは、フランス語で「刻印」を意味します。カラーは18色展開で、バリエーション豊富です。買取相場は、新品同様のもので本体価格の50~75%程度、ある程度使用感のあるAランクのもので、本体価格の40~50%程度となっています。例えば、モノグラム・アンプラント モンテーニュ BBの場合、新品同様のもので15万円程度、となります。ある程度使用感のあるAランクのもので10万円程度の買取価格となります。

モノグラム・マルチカラーの買取

「モノグラム・マルチカラー」は、マーク・ジェイコブスと現代美術家の村上隆とのコラボレーションにより、2003年に誕生したラインです。ポップでカラフルな33色のカラーモノグラムが特徴で、キャンバス地はブロン(白)とノワール(黒)の2色展開となっています。モノグラム・マルチカラーの買取相場は、新品同様のもので本体価格の70%程度、ある程度使用感のあるAランクのもので、本体価格の40~50%程度となっています。例えば、モノグラム・マルチカラー ジッピー・ウォレット長財布の場合、新品同様のもので7万円程度、ある程度使用感のあるランクAのもので5万円程度の買取価格となります。

ダミエの買取

ルイ・ヴィトンのダミエは、モノグラムと並んでヴィトンを代表するラインです。その歴史は、モノグラムよりも古く、1888年に誕生しました。ダミエの模様は、日本の市松模様にインスパイアされたものだと言われています。モノグラムもダミエも日本と縁があるんですね。さて、定番中の定番のダミエラインの製品は、買取価格も安定しています。もちろん状態により買取価格は大きく変わってきます。

ダミエ・アズールの買取

「ダミエ・アズール」は、従来のダミエの落ち着いた配色から一転、オフホワイトとブルーの配色の市松模様が爽やかなイメージとなっています。バッグ、財布、その他小物など、製品ラインナップも豊富です。ダミエ・アズールの買取相場は、新品同様のもので本体価格の60~75%程度、ある程度使用感のあるAランクのもので、本体価格の35~55%程度となっています。例えば、ダミエ・アズール ネヴァーフルMMポーチ付きの場合、新品同様のもので10万円程度、ある程度使用感のあるランクAのもので8万円程度の買取価格となります。

ダミエ・グラフィットの買取

「ダミエ・グラフィット」は、2008年、ダミエのメンズラインとして登場しました。ブラックとグレーのクールな配色が特徴となっています。この配色は、鉱物の石墨からインスパイアされたものと言われており、その落ち着いた雰囲気はビジネスユースにも最適です。ダミエ・グラフィットの製品ラインナップは、メンズラインですので男性向けアイテムとなります。ダミエ・グラフィットの買取相場は、新品同様のもので本体価格の70~75%程度、ある程度使用感のあるAランクのもので、本体価格の35~55%程度となっています。例えば、ダミエ・グラフィット ディストリクトPMの場合、新品同様のもので10万円程度、ある程度使用感のあるランクAのもので7万円程度の買取価格となります。

ダミエ・アンフィニの買取

「ダミエ・アンフィニ」は、2011年に登場した、ダミエのメンズラインです。上質なトリヨン・レザーにエンボス加工により市松模様を表現しています。ダミエ・アンフィニはメンズラインでありながらカラー展開が豊富で、ブルー系のネプテューヌ、コスモス、ブラウン系のメテオール、イエロー系のソラール、オレンジ系のフュージョン、ホワイト系のアークティックなどがあります。ダミエ・アンフィニの買取相場は、新品同様のもので本体価格の60~70%程度、ある程度使用感のあるAランクのもので、本体価格の35~45%程度となっています。例えば、ダミエ・アンフィニ ジッピーウォレット ヴェルティカルの場合、新品同様のもので7万円程度、ある程度使用感のあるランクAのもので5万円程度の買取価格となります。

エピの買取

「エピ」は、ダミエやモノグラムに劣らず、ルイ・ヴィトンの人気のラインです。「エピ」とは、フランス語で「麦」の意で、その名のとおり、上質なグレインレザー素材に型押しされた模様は風に揺れる麦を表してしいます。エンボス加工によるLVロゴも控えめで、シンプルでエレガントな雰囲気となっています。カラー展開も豊富で、数十種に及びます。エピの買取相場は、新品同様のもので本体価格の60~75%程度、ある程度使用感のあるAランクのもので、本体価格の45~55%程度となっています。例えば、ルイ・ヴィトン エピ キーポルの場合、新品同様のもので5万円程度となります。

タイガの買取

「タイガ」は、ルイ・ヴィトン初の本格的なメンズラインとして、1993年に登場しました。タイガとはロシア語で「針葉樹林」を意味し、タイガをイメージしたその型押し模様はクールな印象を与えています。そのイメージ通り、ラインナップもビジネスユース向けとなっており、ブリーフケースやショルダーバッグ、キャリーバッグなど、ビジネスマンからの人気を得ています。
タイガの買取相場は、新品同様のもので本体価格の70~75%程度、ある程度使用感のあるAランクのもので、本体価格の45~55%程度となっています。例えば、ダミエ・アンフィニ

ジッピーウォレット ヴェルティカルの場合、新品同様のもので7万円程度、ある程度使用感のあるランクAのもので5万円程度の買取価格となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA